木材 集成材 建築資材 リフォーム用木材 輸入 製造 販売 丸紅木材株式会社

丸紅木材株式会社 トップページ 木に関する用語集 丸紅木材株式会社概要 お問い合せ リンク集

ポプラ.LVL. 丸紅木材の思い

九州営業所
〒812-0032
福岡市博多区石城町12-5-301
TEL 092-281-0121
FAX 092-291-1506
フリーダイヤル
0120-698-184(無垢は癒し)

流通業、卸業の方の
お問い合わせは下記へ
大阪本社
〒559-0026
大阪市住之江区平林北2-9-1
TEL 06-6681-0081
FAX 06-6681-7700








木材に関する用語集
木材に関する用語集
○あ行
○か行
○さ・し・す
○せ・そ
○た行
○な行
○は・ひ・ふ
○ぶ・ぷ・へ・ほ
○ま行・や行・ら行
○A〜J
○K〜Z

た行

 

たて継ぎ(フィンガージョイント)

木材を繊維方向に継ぐ技術。通常、継がれる木工面同士に加工機でギザギザのジョイント加工をし、 接着材で接合されるが、平坦な面同士を接合する場合もある。一般にフィンガージョイントという。

垂木

屋根材。母屋の上に直交に掛け渡すもの。3cm×4cm寸が一般的で、屋根かわらに重いものを使う場合などは 荷重に耐えられるように、太いものを使う。樹種は北洋赤松、米松、杉、米ツガなど。 垂木を渡す間隔は30〜45cm。

つき板

薄くそいだ化粧用単板。厚さ0.2mm〜1.2mm程度。分厚いものほど良質とされている。
  ・薄づき:0.2〜0.3mm
  ・厚づき:0.6〜1.2mm
木目の美しさを生かし、柱角や造作用材の化粧用 として表面貼りされることが多い。

ディメンションランバー

2×4工法(枠組壁工法)用構造材のうち、横にわたして使うもの。断面数 2×4、2×6、2×8、2×10、2×12 の5種類があり、組み合わせて壁、床、屋根の 各枠材ができる。

胴差し

外壁の1Fと2Fの間に掛け渡す材。根太、2F梁をうける横架材。通柱で連続させて建物の胴体を固める。米松や杉などが使われる。

胴縁

外壁材や内装材の下地に使われ、壁材や羽目板を 取り付けるために水平にはる板。寸法:4.2cm〜4.5cm×1.3〜1.8cm×3.65mまたは4m 。 杉、北洋赤松、北洋カラマツ、北洋エゾマツなどが使われる。

通柱

2階建て木造建築物の土台〜軒桁まで、 1Fと2Fを1本で使用する材。通常長さ6mで7mのものもある。ヒノキ、杉、集成材では北欧産ホワイトウッド、同レッドウッドが使われる。

土台

柱、桁、梁など木造建築物の全てをうける横材。コンクリート基板のすぐ上に配置される。湿気が多く、耐久性の優れた材が使われる。松、米ヒバ、米ツガ(防腐剤注入)、北洋カラマツ(防腐剤注入)、 青森ヒバ、クリ、杉(心材)、など。

Copyright © MARUBENI LUMBER. All Rights Reserved.